サンプル画像

ジブン時間「パトリオット・ディ」鑑賞

おはようございます。今朝も雲一つない位の晴天に恵まれた朝です。

昨夜も熟睡が出来て目覚めを最高です。感謝です。

★今週から、6時前にウォーキングを開始しています。約60分~90分をその日の午前中のスケジュールを加味しながら、その日を体調と相談しながら身体を動かして汗を流しています。

昨日は、うるま市の照屋家様のお墓のお引渡しも無事に終えて本当に感謝しています。安堵感で昨夜は気が抜けました。良かったです。

那覇市の今日の天気は最高気温33℃最低気温27℃降雨率30%

一昨日、2013年に発生したボストンマラソン爆発テロの裏側を映画「愛国者の日・パトリオットディ」を鑑賞しました。

マーク・ウォールバーグ主演&ピーター・バーグ監督のタッグでの映画化でした。さすがに相性がピッタリでした。

ボストンマラソン爆発テロ事件からわずか102時間で犯人逮捕に至るまでのストーリーを映画化。捜査関係者や犯人、被害者の市民など事件に不幸にも巻き込まれた人々の動きを警察サイドからの視点はすごくリアルでした。

2013年4月15日 ボストン警察の殺人課に所属する主人公トミー・当時50万人の観衆の警備にあたっていた。トミーの背後で大爆発が発生して、多くの死傷者が出ました。トミーも必死に救護活動を行う。その中で自宅に戻り愛する妻に錯乱状態で現場の惨事を泣きながら語る様子は、涙がとめどなく流れました。

現場に到着してFBIの捜査官は、無差別テロと断定・主人公トミーの記憶と監視カメラで犯人を追跡していく様子は、手に汗握るシーンの連続でした。

★この作品は、世界的に衝撃を与えたテロ事件でしたが、事件に関わる主人公の生きざまを等身大で人間の強さ・弱さ・もろさ等を映画した名作だと思いました。

改めて平和の尊さを痛感させられる時間でもありました。感謝でした。