サンプル画像

ジブン時間「ボストン・ストロング・ダメの僕だから英雄になれた」鑑賞

おはようございます。プレミアム・フライデーがやってきました。

今朝も梅雨とも思えないほど最高の天気に恵まれました。

書斎の窓からは、隣接している公園の大きなガジマルの木に多くに小鳥達のさえずる鳴き声に大合奏が気持ち良い朝です。

今朝も目覚めも最高で健康を与えれて心から感謝です。

昨日も暑い中で、みくにの現場では、工事が行われました。

★今日も、引き続き行われます。暑さ対策を徹底してお仕事に励みます。

糸満市の今日の天気は最高気温29℃最低気温25℃降水量0%です。

昨日は、夕方から「ボストン・ストロング・ダメの僕だから英雄になれた」を鑑賞してきました。

記憶に新しい2013年実際に起きたボストンマラソン爆発テロ事件。

その爆発の被害者ジェフ・ボーマンの実話を映画化しています。

爆発事件に巻きこまれ両足を失った悲惨の事件を「ボストン・ストロング」をテーマにどんな状態でも悪質のテロに決して屈しない「ボストンの復興」のシンボルとして脚光を浴びた映画です。

何度も別れては、縁を戻している元彼女のエリンがボストンマラソンにチャリティーランナーとして出場する為に応援に駆けつけて、ボストンマラソンの爆発テロの惨事に遭遇してしまいました。

何度もチャレンジ&エラーを重ねてリハビリを送る主人公ジェフ。

ボストンといえば、日本人にもおなじみのメジャー球団のボストン・レッドソックスです。

ジェフのひたむきな努力が爆発テロにより、肉体的にも精神的にも大きな困難にあってもめげずに屈する事をしない人柄が評価されてマスコミ等に取り上げれ、「時の人」になります。

この映画は、被害者ジェフの人間的に未熟な性格も赤裸々に表現している映画でした。決して英雄を美化しないスタイルに共感を覚えました。

人間として、不完全で欠点だらけであっても嘘をつかず、誠実に生きる主人公の人柄に感動を覚える映画でした。

今日一日が、ココロ穏やかで平和の一日でありまうように祈ります。