サンプル画像

ジブン時間「万引き家族」鑑賞

おはようございます。新しい朝を迎えました。

今朝も深い睡眠と寝起き気持ち良く感謝します。

ここサンタモニカ(糸満)では、今週日曜日のハレー大会で町中が活気に満ちて来ました。

昨日の朝から夕方まで現在の工事状況の確認・工程会議をこなしました。

夕方からは、新らしいお客様との素晴らしいご縁を与えれました。

本当に心からありがとうございます。

糸満市の今日の天気は最高気温30℃最低気温27℃降雨率30%です。

先週末にジブン時間を取らせて頂き今、話題の「万引き家族」を鑑賞させて頂きました。

実の親の死亡届けを出さずに年金を不正受給に貰い続けていたいたある家族の実話をもとに日本の映画界の巨匠是枝裕和監督が、構想10年の歳月近くをかけて作り上げた力作です。

第71回のフランスのカンヌ国際映画際で最高賞のパルム・ドーム賞を獲得しました。この賞は、21年前の1997年今村書昌平監督「うなぎ」以来の快挙となりました。

東京の下町で貧困の中でも楽しく暮らす5人家族のストーリー映画。家族の収入源は、祖母の年金(6万円)と日雇いの父親母親のパートの収入等が主な収入。不足の分は、親子で「万引き」して補いながら慎ましく暮らす家族。

親子である夜、衝撃的な光景に直面して運命が狂い始める

DV(虐待)とネグレスト(育児放棄)されてアパートで一人孤独の少女を発見

全身に傷跡のある少女を最初の動機は、「保護」する目的で自宅に一時的にかくまう。

最初の同情のつもりが、いつしかわが子の深い愛情が芽生えるようになり色々な事件が展開していく・・・皮肉のも「パンドラの箱」が空きバラバラに人生が狂いはじめる。

映画の結末は、見てのお楽しみという事ですが、是枝監督の人間に対する研ぎすまれた観察力・洞察力等を随所に現れて、パルム・ドーム賞を受賞を充分に納得する感動の映画でした。

大好きな樹木希林・リリーフランキー・安藤サクラの役柄も最高でした。

★「万引き家族」は、現在日本・沖縄でも直面している社会問題が凝縮して映画化されています。

喜怒哀楽全て楽しめるお勧めの映画です。

今日の一日も安全で平和に過ごせますように願います。