サンプル画像

ジブン時間「フジコ・ヘミングの時間」鑑賞

おはようございます。清々しい朝がやって参りました。

夕べは、深夜からスコールが降り注ぎ寝室の全開にしている窓から雨の侵入に気づき、目覚めました。

高温になった建物・地面の温度が下がりお陰で涼しい朝を迎えました。感謝します。

昨日は、ほぼ1日会社で異なるメンバーでも会議を早朝から夕方まで有りました。

チーム・みくにの各種のエキスパートの皆様との笑いありながら真剣な異論・議論・激論ありで有意義な時間を1日を追える事が出来ました。

参加して下さったメンバーの皆様心からお疲れ様でした。

糸満市に今日の天気は31℃最低気温27℃降雨率20%です。

連休末にスケジュールをやり繰りしてジブン時間を確保して、

「フジコ・ヘミングの時間」を鑑賞してきました。

同作は、ピアニストのフジコ・ヘミングの姿を映すドキュメンタリー作品です。

60歳台になって世界から注目を浴びた日本の誇るピアノ界の奇才が主人公です。

日本人のピアニストの母親とロシア系スウェーデン人のデザイナーを父と間に生まれました。

5歳からピアニストの実母親からスーパースパルタ英才教育でピアにを習い始めたフジコ。

しかし遅咲きの天才にもやっと演奏家として高い評価を受け始める矢先に・・

大事のリサイタル前に両方の耳の聴力を失うというアクシデントに見舞われて悲しい数奇の人生を歩みます。

しかし奇跡的に片方の耳の聴力が回復します。

プライベートでは独身を貫き、愛猫との生活をしているフジコの素顔に迫っています。

フジコ・ヘミングの人生の歩みの中で父親との離別、母親のレッスン、ハーフへの差別との戦い、貧しい留学生活、聴力喪失等の数々の試練に見舞われて、打ちしちがれても、夢をけしてあきらめない生きたきたフジコの半生が臨場感溢れて映像に収められている映画です。

★ワールドツアーでフランス・アメリカ・アルゼンチン・ドイツ・日本と80歳を超える主人公フジコ・ヘミングが付き人(マネジャー)も同行させずに独りで行動するバイタリティーは圧巻ででした。

この映画の下記の症状の方にお勧めです。映画鑑賞療法家のアドバイス(自称です)笑い?

現在の日常生活で⇒①不完全燃焼の症状の方②四面楚歌に置かれている症状の方々に是非ともお勧めの映画です。

今日一日も心穏やかで健康にで過ごせますように。