サンプル画像

こころのビタミン・バイブルから学ぶ

おはようございます。10月3度目の日曜日を迎えました。

今朝も昨日に引き続き最高の天気に恵まれました。

土曜日の昨日も何かと忙しい一日を過ごしました。

夕方からは、1ヶ月ぶりに気の置けない友人と懇親の時間をのんびりと過ごさせて頂きました。

今週も毎度の事ですが、平穏無事に終える事が出来ました。

★一番の感謝する事、愛する家族・職場関係の仲間・友人達が大きな病気・事故から守られて事が恵みです。

糸満市の今日の天気は最高気温26℃最低気温21℃降水確率10%です。

今朝のこころのビタミンも、人生を歩む中での森羅万象の疑問・難題で悩む時に世界のベストセラーバイブルは、解決のヒントになる人生の羅針盤です。

今朝も共に一緒に学んで行きませんか?

心(こころ)の病についてバイブルではどのように教えているか?

「長い間期待が延ばされると心が病みますが、待ち望んだ夢が実現すると、生きているのが楽しくなります。」 箴言13章12節 リビングバイブルより引用

私たちの悩みは、自分の過去の失敗・現在の心配事・将来に対する不安が様々な形で混沌として、徐々に蓄積して心の病が深まりともいわています。

心(こころ)うつ病で苦しんでいる人は、世界で推計3億2,200万人に上るとする報告が世界保健機関(WHO)がこのほど公表しています。

報告書では、心(こころ)の病・うつ病に苦しむ人が全世界人口の4%を超えています。多くのうつ病の方々は、正しい診断や適切な治療を受けられいないと指摘して早急な対策の必要性を訴えています。

※うつ病関連で年間30万人の方々が尊い命を自死(自殺)をしていると推定しています。

現在は①医学の進歩②AI(人口知能)の研究・発達が著しくなっていますが、人間の心の病についてに限って言えば、現代のテクノロジーを駆使しても簡単に解決できる問題ではなさそうです。

この事を証明するデーターが掲載されています。

2005年から1015年までに約18%も増加して更に毎年増加の傾向があるとの研究データーが出ていているそうです。

★WHOは、うつ病は、治療や予防が可能だとし、発症を疑われる場合は自分が苦しんでいる事を信頼できる人に話す事が治療の第一歩だと促しています。

バイブルの中でこのような記事が書かれています。

「イエスは、ガリラヤ全域を巡って会堂で教え、みくにの福音を宣べ伝え、民の中のあらゆる病、あらゆるわずらいを癒された。」

 マタイ4章23節 新改訳聖書より引用

またバイブルで別の箇所でこのように書かれています。

さてイエスは通りすがりに、生まれたときから目の見えない人をご覧になった。

弟子たちはイエスに尋ねた。「先生。この人が盲目に生まれたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか。両親ですか。」

イエスは答えられた。「この人は罪を犯したものでもなく、両親でもありません。この人に神のわざがが現れるためです。」

ヨハネ9章1節~3節 新改訳聖書より引用

参考文献・ おもしろキリスト教質問箱 引用文献リビングバイブル・新改訳聖書

つたないブログを忍耐を持って読んで下っているあなたに是非、イエスキリスト様をご紹介っさせて下さり素晴らしい体験をして頂きたいと願っています。

今朝は、日曜日です。日本中のキリスト教会では、日曜礼拝が開かれています。

少し勇気を出してあなたのお住まいの近くにある教会のドアをノックして見ませんか?

あなたの愛する人・またあなた自身の胸の中に閉まっていて誰にも言えない悩み・苦しみを

聴いて下さり、あなたの問題の為に真剣にお祈りして下さる牧師・伝道師の先生方をご紹介致します。

お問い合わせ⇒itokazu0501@mikuni-ohaka.co.jpまでお気軽にお電話下さい。

楽しい日曜日をお過ごし下さい。

皆様の上に神様の限りない慰めと祝福がありますように!