サンプル画像

今日は、「防災とボランティアの日」

おはようございます。昨日に引き続き寒い朝を迎えました。

夕べから恵みの雨が大地に降り注いでいます。

今朝も何とか寒さの為にベッドから起きるのが大変でした。

何とかを勇気を振り絞り起き上がり目覚めも最高で感謝です。

先日ムーチの日でしたが、沖縄では一番寒い頃を方言で「ムーチービーサー」

言いますが、早朝ウォーキングもブルブルと速足で何とか終了しました。

★今日は工事もお休みです。社内でデスクワークで過ごしたいと思います。

宜野湾市の天気は最高気温17℃最低気温16℃降水確率70%です。

今日、1月17日は、「防災とボランティアの日」です。

くにちゃん
防災とボランティアの日(ぼうさいとボランティアのひ)は、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災
に因んで制定された記念日で日です。

今から24年前の1995年1月17日、死者6,434人、負傷者43,792人の大災害となった阪神・淡路大震災に因んで付けられた記念日となっています。

みーちゃん
阪神・淡路大震災では、政府や行政の対応の遅れが批判された一方で、学生を中心としたボランティア活動が活発化し、「日本のボランティア元年」と言われた。

これをきっかけに、ボランティア活動への認識を深め、災害への備えの充実強化を図る目的で、同年12月閣議で「防災とボランティアの日」の制定が決定され、翌1996年から実施された。この日を中心に前後3を含む計7日(1月15日21日)が「防災とボランティア週間」と定められている。

毎年1月17日を防災とボランティアの日、1月15日から1月21日までが防災とボランティア週間です。防災グッズの準備や点検を行い、家族で防災や防災グッズについて話し合いをするなどして、災害についての認識を高めましょう。

阪神・淡路大震災で死者6,434人負傷者43,792人の大災害となって亡くなられた方々甚大な被害を受けられた方々へ哀悼の意を捧げます。

今日一日も安全で平和に過ごせますように!