サンプル画像

今日3月4日は「さんしんの日」です。

おはよううございます。新しい1週間がスタートしました。

今朝は、朝目覚めると真冬なみの寒さで目覚めました。

早朝のウォーキングも真冬なみの服装で無事の終える事が出来ました。感謝します。

★今日も一期一会の気持ちを忘れずにお仕事に勤しみます。

宜野湾市の今日の天気は最高気温21℃最低気温17℃降水確率30%

今日は、「ゆかる日 まさる日 さんしんの日」です。

くにちゃん
『ゆかる日 まさる日 さんしんの日』RBCテレビのネットより引用をさせて頂きました。

「ゆかる日 まさる日 さんしんの日」は、1993年(平成5年)に琉球放送が提唱して始まりました。「ゆかる日」は、佳かる日・佳日から縁起のいい日・めでたい日の意味で、「まさる日」は、優る日・勝る日の意味を持ち、「さんしんの日」を、よりめでたく、特徴づけるために重ね言葉にしました。3月4日としたのは、「さんしん」の語呂合わせからです。

さんしんの日」は、上原直彦氏(元琉球放送ラジオ局長、「民謡で今日拝なびら」パーソナリティ)が長年温めていた構想を実現したもので、8月15日終戦記念日の正午に、甲子園球場で高校生を始め球場全体が、黙祷をささげる姿がきっかけです。終戦記念日や6月23日慰霊の日の正午には、宗教の枠を超えてすべての人々が平和を祈ります。

みーちゃん
皆様も沖縄の伝統文化であるさんしんの音色に耳を傾けて一日過ごして見ませんか?

このように、沖縄中を一つにして同じ想いが共有できるのではないか。その発想から、古典音楽の代表曲で、沖縄の祝いの席には欠かせない「かぎやで風(かじゃでぃふう)」を正午から毎正時ごとに演奏(唱)するアイディアが生まれました。

今日一日もこころ穏やかに過ごせますように願います。