サンプル画像

こころのビタミン「バイブルから学ぶ」

おはようございます。6月最初の日曜日を迎えました。

今朝も気持ち良い朝を迎えました。感謝します。

令和元年の5月も無事に過ごす事が出来きました。心から感謝します。

沖縄も本格的に梅雨の季節ですが、今年は空梅雨のようです。

来週は、6月6日(木)わが故郷・糸満市では、ハーリーが開かれます。

ハーレーの季節の訪れを告げる鉦かねが31日午前5時、沖縄県糸満市糸満の拝所、山巓毛(さんてぃんもう)で鳴った。鉦が鳴ると梅雨が明けるという言い伝えもありますが、全ては、天におられる神様にお任せいます。

1週間の一番の恵みは、愛する家族・親族・友人達が大きな事故・病気から守れた事が感謝の事です。

宜野湾市天気は最高気温29℃最低気温26℃降水確率90%です。

今朝のこころのビタミンも人生を歩む中で誰に相談したら良いかわからない問題等を世界のベストセラーバイブルは、解決に導く羅針盤です。

今朝も共に一緒に学んで見ませんか?

今朝も、2019年度もこころのビタミンに寄せられるご質問を元に記事を書かせて頂きます。

くにちゃん

質問25回目→バイブル(聖書)で教える本物の武器・武具とはパート①についてバイブルから学んで行きたいと思います」

武器とは何か辞書で調べてみると下記の意味が書かれています。
  1.  戦いに用いる種々の道具や器具。刀や銃などの、敵を攻撃したり自分を守ったりするための兵器や武具。

     何かをするための有力な手段となるもの。武器にする

  2. 現在の治安の不安定の社会において。米国のようにピストル等の武器を自己防衛の為に携帯する必要がある聞かれば、正直に返答に窮します。なぜなら一般的にピストル等の武器にはさまざまの問題が多くあります。

※私達は、自分を防御する為に、一番身近に浮かぶ武器は、「ピストル」です。

調査データー①→米ピュー研究所の2017年調査によると、米国市民の約4割が、所有している、もしくはのある世帯に住んでいると答えた。 そして、米国で発生する銃器による殺人や過失致死の割合は先進国で最高だ。 2016年の米国では1万1千人以上がによって死亡した。 これは、殺人と過失致死の合計件数の約3分の2に相当する

調査データー②→戦死者よりも多く銃により死者

アメリカのタンパベイ・タイムズのプロジェクト「ポリティファクト」によると、1968年から2011年の間で約140万人銃によって殺されている。

 この数はこれまでアメリカが参戦してきた戦争で亡くなった人よりはるかに多い。独立戦争からイラク戦争までの間で、戦争で亡くなった人の数は約120万人だ。 実に目を背けたくなる悲しい現実です。

上記のような、人間の知恵で開発して武器(ピストル等の銃器)は、不完全で沢山の悲惨な事件が毎日のように世界中で行っています。

今日のテーマである「聖書のおける神様からの武器・武具について」世界のベストセラー(聖書)では、このように書かれています。

みーちゃん
神の全ての武具を身につけなさいと命じています。

ですから、邪悪な日に際して対抗できるように、また、いっさいを成し遂げて、堅く立つことができるように、神のすべての(6つの武具)をとりなさい。

では、しっかりと立ちなさい。腰には真理の帯を締め胸には正義の胸当てを着け、足には平和の福音の備えをはきなさい。これらすべてのものの上に、信仰の大盾を取りなさい。それによって、悪い者が放つ火矢を、みな消すことができます。救いのかぶとをかぶり、また御霊の与える剣である、⑥神のことを受け取りなさい。 エペソ5章13節~17節

バイブル(聖書)の中で、上記の(6つの武具)は全て身に着けて防御しなさいと命じています。

→→バイブルの教える神様から武器・武具は、本当に効果絶大です。

ピストル等のように無差別に他人の命を奪い、悲惨の事件を起こすことなく

私たちを完全に防御する事が可能です。

★次回から具体的にピストル等の銃を使用せず神様からの武具・武器で身を守る方法をバイブルから学んで一緒に行きたいと思います。

参照文献・ネットより資料・画像転用 引用文献・新改訳聖書より聖句を引用しました。

毎週掲載の「こころのビタミン」も4年目に入りました。

毎週、文字数が限られている中でまだクリスチャンでない方々に少しでも救い主イエスキリスト様の事を知って頂きたく、未熟な日本語表現で試行錯誤しながら今日まできました。ここからは、私からのお願いです。

今朝は日曜日です。日本中のキリスト教会では日曜礼拝が開かれています。

世界のベストセラーであるバイブルでは、に勇気の湧き出るでる宝庫です。

しかしこの素晴らしいバイブル・聖書の内容をあなたに解かり易く教えて下さる指導者が必要です

あなたも少し勇気を出してお住まいの近くの教会のドアをノックしてみませんか?

あなた・ご家族の抱えている悩み・苦しみを真剣に聴いて下さりお祈りして下さる牧師先生・伝道師の先生方があなたの訪問するのを心からお待ちしています。

★どうかあなたも救い主イエス・キリストに信頼して、人生の全てをお委ねしてみませんか?

その為に神様は、いつでも・どこでも・どんな時でも24時間私達と共にいて下さる神の御子イエス様をこの地上にお送り下さりました。

天地創造なる神様は今朝もあなたを愛し心から助けたいと切望しておられます。あなたにもイエスキリストの十字架の愛を知って頂き、今以上に素晴らしい人生を歩んで行くためにお手伝いが出来れば本当に嬉しいです。

※お勧めは聖書的・福音的な公同の教会に行かれる事をお薦めします。

⇒エホバの証人・モルモン教会・統一教会とは一切関係ありません。

もしどこの教会に行って良いかわからない方は下記までメール下さい。

お問い合わせitokazu0501@mikuniーohaka.co.jpまでご連絡下さい。

6月最初の日曜日をお楽しみください。