サンプル画像

今日6月20日は「世界難民に日」です。

おはようございます。今朝も昨日に引き続き恵みの雨の日です。

例年なら梅雨も終わりの季節です。

今年は、少し何かが違いますね。全ては神様のご計画ですね。

健康と大切な命を与えれていることに感謝です。

★今日も一日感謝の気持ちを忘れずにお仕事させて頂きます。

宜野湾市の今日の天気は最高気温28℃ 最低気温27℃ 降水確率90%

今日は、世界難民の日です。

毎年6月20日は、 「世界難民の日 (World Refugee Day) 」です。この日は、難民の保護と援助に対する世界的な関心を高め、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)をはじめとする国連機関やNGOによる活動に理解と支援を深める日にするため、制定されました。

みーちゃん

「世界難民の日」は、2000年12月4日の国際連合総会の決議により制定された。

元は、のアフリカ統一機構『アフリカ難民条約』の発効の日であった。

 

6月20日は「世界難民の日」-再び子どもたちに笑顔が戻るように

アフリカ地域およびアフリカ以外の地域での難民問題の深刻さに注目し、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)らの申し出により、『世界難民の日』が制定されることとなった。

世界各地で毎年イベントが実施されている。UNHCRは第1回の2001年には「難民の子供たち」をテーマとして掲げた。

2000年12月4日、国連総会決議で制定された世界難民の日は、難民の保護や援助に対する世界的な関心を高めること、難民支援を行なう国連機関やNGOの活動や支援への理解を深めること、故郷を追われた難民の逆境に負けない強さや勇気、忍耐強さに対して敬意を表す日として存在します。

ミャンマー(ビルマ)難民の帰還に向けた取り組み

1984年にタイ・ミャンマー国境に設置されたミャンマー(ビルマ)難民キャンプは、一時は15万人以上に膨れ上がりましたが、第三国定住や本国帰還などで2017年時点で、約10万人が暮らしています。

くにちゃん
悲しいことに、難民キャンプで生まれた子どもたちは祖国を知りません

子供のキラキラな大きな瞳がいつまでも永遠に輝くように!

今日一日は、世界の難民に何が出来るかを考える一日にして行きたいです。!