サンプル画像

ジブン時間「カーマイン・ストーリ・ギター」鑑賞

おはようございます。新しい朝を迎えました。

今朝も健康を与えられて感謝の気持ちで一杯です。

甚大の被害をもたらした、台風19号が過ぎ去り全国から支援の手が差し伸べられてきています。心から感謝します。

「少しでも役に立てれば」=ボランティア受け入れ開始-台風被災の長野市

 台風19号の大雨で千曲川の堤防が決壊し、浸水などの被害を受けた長野市では16日、各地から訪れるボランティアの受け付けが始まった。

沖縄に住んでいる私達にできる事から支援の輪を広げていきたいと願います。

★今日も一期一会の気持ちを忘れずにお仕事させて頂きます。

宜野湾市の今日の天気は、最高気温29℃最低気温25℃月℃降水確率60%です。

週末にジブン時間を確保して「カーマイン・ストリート・ギター鑑賞しました。

くにちゃん
ニューヨークの建築物の廃材を使ったギター作り続ける老舗ギターショップを追ったドキュメンタリー映画。楽器好きにはたまらない内容でした。

グリニッジ・ビレッジにあるギターショップ「カーマイン・ストリート・ギター

寡黙なギター職人のリック・ケリー、見習いのシンディ、リックの母親の3人で経営している

この店では、ニューヨークの建築物の廃材を使いギターを製作している

リックが店を長年続けられている秘密はもう一つ、顧客たちの記憶や思いをさりげなく引き出す「傾聴力」にある。店を訪れギターを鳴らす客たちは、音色に感激して子供のような表情を浮かべ、自らのキャリアにまつわるエピソードを店主に語り出す。顧客にとってはリックと語る時間も付加価値なのだろう。

ビル・フリゼール、マーク・リーボウ、チャーリー・セクストンといったギタリスト、映画監督ジム・ジャームッシュも訪れるギターショップのある1週間を追っていく。

※映画の写真・あらすじは、ネットより転用させて頂きました。ご了承下さい。

今回の映画はこのような方々にお勧めです。

①ドキュメンタリー映画大好には、特にお勧めの映画です。一週間を切り取って密着ドキュメンタリー映画の発想も新鮮です。ギター作りを天職にしている職人の生きざまが素敵でした。大変に学ぶべきことが多い映画でした。

②匠のギター職人としての誇りと弟子に対しての対応の良さ・長年お付き合いのお客様との対等なある意味ドライな距離感なども大変に勉強になります。プロとして使命感を持つことと大切さを教えてくれる映画です。

今日一日もこころ穏やかに過ごせますように!