サンプル画像

ジブン時間「人生、ただいま修行中」鑑賞

おはようございます。新しい朝を迎えました。

澄み切ったうす暗い中を先ほどウォーキングから戻りました。

今朝も健康を与えられて感謝の気持ちで一杯です。

これからの季節は、少し厚着で過ごす事をお勧めします。

★今日も素晴らしい仕事が与えれていることに感謝します。

宜野湾市の今日の天気は、最高気温22℃最低気温18℃降水確率20%です。

昨日は、仕事を早めに切り上げて、にジブン時間を確保して「人生、ただいま修行中鑑賞しました。

くにちゃん
「パリ・ルーヴル美術館の秘密」「ぼくの好きな先生」などで知られるフランスのドキュメンタリー映画監督ニコラ・フィリベールが、看護学校で学ぶ生徒たちを追ったドキュメンタリー。

フランス、パリ郊外にある看護学校で学ぶ40人の生徒。年齢、性別、出身も異なる看護師の卵たちが実習の現場で患者と自分に向き合う姿を、フィリベール監督があたたかい視線で追い、人間がいかにして成長し、学ぶのかを描いていく。

40人の150日間。誰もが初めてを経験し、失敗しながら生きていく。人生は学びと喜びに溢れていることを教えてくれる感動の奮闘ドキュメンタリー。

看護学校の生徒に未着取材は、臨場感が満載でした。

※映画の写真・あらすじは、ネットより転用させて頂きました。ご了承下さい。

今回の映画の感想

毎回ですが、ドキュメンタリー映画は、大変に学ぶべき事が多くありました。

 

フランスの国もアメリカ同様に、人種のるつぼだけに、これほどまでに考え方、受け入れ方、感じ方、取り組み方、当然のことながらそれぞれのバックグラウンドが違うということを痛感しました。ある意味で全てのことに共通していますが、自分の判断基準を人に当てはめてはいけないことを今後さらに気をつけようと思いました。

お墓に関して先輩方に比べて未熟な私もこの映画のタイトルのように日々暗中模索で「人生、ただいま修行中」にピッタリだと痛感しました。

今日一日も健康で楽しく過ごせますように!