サンプル画像

ジブン時間「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」鑑賞

おはようございます。4月5度めのプレミアムフライデーです。

4月も今日で終わりです。明日から5月に突入です。感謝です。

今朝も晴天に恵まれました。

昨日は、気持ちよい疲れで深く熟睡できました。

★コロナウィルスの中で頑張っている医療従事者に心から敬意を捧げます。

今日一日もチーム・ワークを意識して頑張ります。

「うつらない・うつさない」「3密を避ける」「社会的距離を保つ」

の3点を守りお仕事させて頂きます。!

★今日も素晴らしい健康で生かされている事に感謝します。

宜野湾市の今日の天気は、最高気温25℃最低気温19℃降水確率10%です。

※週末の午後からジブン時間を確保して至福の時間を過ごしました。

みーちゃん
 質素な暮らしぶりで「世界で最も貧しい大統領」とも言われた第40代ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカと日本の知られざる関係を描いたドキュメンタリー

くにちゃん

2012年にブラジルのリオデジャネイロで開かれた国連会議で、先進国の大量消費社会を優しい口調ながら痛烈に批判したムヒカ大統領。その感動的なスピーチ映像は世界中に広まり、日本でも大きな話題を呼んだ。

しかし、大統領を務めただけあって、ムヒカはただのお爺ちゃんではない。実は、とんでもないお爺ちゃんだった。

彼は、若い頃には左翼ゲリラとして活動し、逮捕・投獄の経験もあるバリバリの革命戦士だったのです。チェ・ゲバラとも親交があったというから本物です。大衆をアジるスピーチが上手いワケも、この経歴で理解です
2010年から5年間、南米の小国ウルグアイの大統領を務めたムヒカは、収入の大半を寄付し、公邸ではなく愛妻と愛犬と共に小さな農場で質素な暮らしを続け、いつしか“世界でいちばん貧しい大統領”と呼ばれるように人柄に感動で涙が溢れました。
※映画の写真・あらすじは、ネットより転用させて頂きました。ご了承下さい。
今回の映画の主なストーリ・感想 ↓↓↓

★私達の本当のの幸せとは何か?コロナ社会の今この時代だからこそ、一度立ち止まって人生の本質に向き合うべき分岐点の今だからこそ

是非とも見て頂きたい映画だと思いました。

ころまで以上に愛する家族や友人と喜びを分かち合い、語り合う時間を共有する時間が必要だと思えるように気づかせて下さる時間でした。

人間ががむしゃらに目指しているところはどこなのか?

私たちの子供の世代が与えられる財産・知識にだけに甘んずるのではなくムヒカさんのような大きな視点の人に耳を傾け吸収していかなければならない反省と希望が湧き出てきました。

★理屈なしに心身ともに癒される素晴らし映画でした。!

今日一日も健康で楽しく過ごせますように!